職場に電話があるタイミングとは

0-12

いますぐお金借りたいときにカードローンでお金を借りることは、今の時代では珍しいことではなく、数多くのカード会社が存在しています。

金利の違いや借り易さ、返し易さなど業者による違いは大きくなっているのでよく比較してから決めなくてはなりません。

しかし、いざ借りるとなれば気にさになるのが審査に通るのかや、その内容という人が多いのではないでしょうか。

キャッシングを申し込むことで、職場への在籍確認の電話があるケースが大半となっています。そのタイミングとしては、仮審査が終わった後であり審査の一連の流れの一部として在籍確認がおこなわれます。

業者や申し込む人によって、在籍確認と契約の意思確認や本人確認書類の提出の順番が変わることもありますが、審査として行われるということに変わりはないので、契約前の段階で行われるということに違いはありません。

電話の内容とバレないようにする方法

0-02

カードローンの審査の一つである職場への電話の在籍確認は、カードローン会社のスタッフの人が行うことになります。

カードローンをすることは珍しいことではなくなったといっても、いざ職場に電話が入るとなれば、バレたくないと感じる人も多いのではないでしょうか。

カードローンといっても消費者金融や銀行など様々ですが、消費者金融の場合には担当者は個人名で在籍確認を行うことになります。

社名を名乗ると、消費者金融からの電話だということがすぐに職場の人にもバレてしまいますが、消費者金融は社名を名乗ルカとはないので、その心配はいりません。

銀行は、お客さんから特別な要望がない限りは銀行名を名乗りますが、銀行となれば預金や保険を始めとした、数多くの商品を扱っているので、銀行から職場に電話があったからといって借金関係の内容とは思われるかとはあまりないのではないでしょうか。

しかし、日頃銀行から電話がかかってくることがないという人ならば、銀行からの電話でもバレてしまうのではないかと心配になる人もいます。

その場合には、希望すれば個人名でかけてもらうことができるので、申込みのときに個人名でかけてもらいたいとう希望を忘れずに伝えるようにしましょう。

嘘の会社名や偽名を名乗ると法律違反になってしまうので、嘘の会社名や偽名で在籍確認をして欲しいという希望を言っても、対応してくれることはまずありえないということも頭に置いておくようにしましょう。

どうしても在籍確認が心配という場合には、確実に自分が電話を取ることができるタイミングでかけてもらうようにするということも可能となっています。

在籍確認の内容としては、本当にその会社に勤務しているのかという確認となっているので、本人が電話に出た場合には名前を聞かれて終わりということが多いです。

しかし業者によっては、その場で住所や生年月日を聞くことがあるので、そのことで周りの人の中にカードローンを利用したことがある人がいれば、ローンだとバレてしまう可能性もあるということは頭に置いておくべきです。

自分以外が電話に出た場合には、電話に出た人の答え方による違いもあります。外出中や単なる休日であれば問題ありませんが、退職済みはもちろんのことも休職中の場合は融資できないので、答え方によっては詳しく聞かれることもあります。

単なる営業などによる外出や休日なのか、休職中なのか判断できる答えが得られれば、電話は終了となります。在籍の確認がとれれば、本人が電話に出ていなくても改めて電話がかかってくるということはありません。

職場への電話を無くす方法について

0-43

職場への在籍確認は無くすことができないのかと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、現在では銀行も消費者金融でもほとんどが在籍確認が必須となっていて、避けることは困難です。

在籍確認を無くして欲しいと言っても対応してもらえないケースが大半です。どうしてもという場合には、その会社に在籍しているということを証明することができれば在籍確認は無くすことができることもあります。

働いている会社の社員証や健康保険証、給与明細など会社で働いているということが証明できる書類が必要となってきます。

書類を確認できれば在籍確認を認めてくれるケースがありますが、書類を集めることの方が大変になってくるのでは無いでしょうか。

それだけではなく、手間も時間もかかるので一刻も早く融資して欲しいという人には向いていません。事前に書類を準備して置いても、書類による在籍確認は不可としている業者もあるので気をつけましょう。

どうしても在籍確認を避けたい場合には最初から在籍確認が無いカードローン会社を探して見るというのも一つの手段です。

しかしその場合には、選択肢が大幅に狭まるというのはもちろんのこと、金利が高いなどリスクもあるということは忘れてはいけません。基本的に在籍確認は必須ということは確かでは無いでしょうか。